イベントレポート

黒島結菜&小瀧 望が恋愛指南!?
“応援のスペシャリスト”我武者羅應援團も参戦し全女子の恋にエールを送る!!
<全♥恋>応援イベント開催!

2月15日(木)に<全♥恋>応援イベントを実施しました! 一般のお客様から“応援してほしい恋”について募集し、その中からキャスト陣が応援したいと思った恋とその理由についてトークを繰り広げ大盛り上がり! さらに、応援のスペシャリスト“我武者羅應援團”も駆けつけ、本作への応援も含め「好きと言えない」全ての“ヒロイン未満の女子”に向けて全力でエールを送りました!

満席の会場に黒島結菜さん、小瀧 望さん、篠原哲雄監督が登場すると、会場は大きな拍手と歓声が沸き起こりました!

黒島さん
今日はお集まりいただきありがとうございます。最後まで楽しんで行ってください。
小瀧さん
同世代が平昌オリンピックで活躍していますが、この映画も金メダル級のヒットを目指して頑張りたいと思います!
篠原監督
若い方がたくさん来てくださって嬉しいですが、僕の同世代の方にも観ていただきたいので、今日お家に帰ったら是非お父さん、お母さんにも勧めてください。

まっすぐで不器用な主人公・糸真や、糸真が転校先の学校で出会う2人のモテ王子・弦&和央、そして糸真の友達・晴歌のそれぞれの恋模様が描かれている本作ですが、その中でもとくに自身が応援したくなったキャラクターを問われると、黒島さんは「和央です。いつもはふわっとしているけど、男らしく自分の思いを伝えるところでぐっときました!」と語り、和央のギャップが見られるシーンに期待が高まります。また、小瀧さんは糸真が一番応援したくなるキャラクターだと明かし「2人のタイプの違うイケメンに揺れる糸真。頑張れと背中を押したくなりますよね。プリンシパルになってほしいです!」と糸真に対する思い入れを明かしました。篠原監督は「糸真が晴歌と本音をぶつけ合うシーンは良いですね。晴歌は糸真のことをハブにするけど悪い人じゃないとわかると思います」と、女子ならではの共感シーンについて見どころを語りました。

続いて、劇中での好きなセリフについて話が及ぶと、黒島さんは「弦の事で悩んでいる時の晴歌のセリフには背中を押されました。その時のりっちゃん(川栄李奈さん)の真剣な目が印象に残っています」とコメントし、これには小瀧さんも同感。小瀧さんは和央とのあるシーンを挙げ「弦に対して和央が、はやく素直になれ、バカ弦! と声を大きくする場面。和央の目とか存在感が心に響いて印象に残っています」と語り、本作の見所エピソードに花が咲きました。

今回、本イベントに向けて、一般のお客様から「応援してほしい恋」にまつわるエピソードを募集。たくさんの応募があった中から、キャスト陣がとくに応援したい恋を選び、各々が選んだ理由を明かしました。

黒島さんは、通学途中の駅でいつも会う大学生に声をかけたいのにかけられない、もどかしい恋のエピソードを選び「私だったら、その人が落し物をするのを待つ!(笑)そうすれば話すきっかけができると思う」とコメントすると、会場からは笑いが起こりました! また、小瀧さんは2年間同じクラスなのに想いを寄せる相手と話せないまま卒業を迎えてしまうというエピソードに「話せないで後悔するより、絶対話して後悔する方がいい! 男の子は自分の好きなことは口にしたいところがあるから、趣味などをきっかけに話してみては」と力強く応援メッセージを贈りました。

ここで<全恋応援>ラブストーリーの本作にぴったりな応援のスペシャリストが登場! 「気合」と「本気」で世界を熱くするという志のもと、人々の勇気を後押しするプロの応援団、我武者羅應援團の皆さんが駆けつけてくださいました。糸真、弦を絡めた本作へのエール、そして観客の皆さんの恋を熱く応援していただきました!

我武者羅應援團の迫力溢れるエールに黒島さんは感動した様子で「すごく嬉しいです。ありがとうございます!」とコメント。小瀧さんも「心の奥を射抜かれた」と興奮気味に語りました。さらに、キャスト・監督・会場のお客様が一丸となって、我武者羅應援團の皆さんと全恋応援コール&レスポンスを実施! 我武者羅應援團の「好きという気持ちを思いっきり伝えるぞー!」という掛け声を合図にそれぞれが思い思いの応援メッセージを叫びました。

篠原哲雄
「人は恋をしたら傷つくかもしれないが、恐れず進むんだー!」観客「そうだー!」
黒島さん
「自分の気持ちに正直になるんだー!」 観客「そうだー!」
小瀧さん
「プリンシパルになるんだー!」 観客「そうだー!」

我武者羅應援團の素敵なパフォーマンスに興奮冷め止まぬ中、大盛り上がりのイベントもいよいよ終盤となりました。最後に、キャストより会場の皆様へメッセージをいただきました。

黒島さん
この映画を見て応援されて頑張ろうと、皆さんが何か踏み出すきっかけになれば嬉しいです。今日はありがとうございました!
小瀧さん
「好きから逃げない、あなたはプリンシパル」という言葉を噛みしめて、自分がプリンシパルだという思いになって、映画館を出ていただければと思います!

最新情報

糸真・弦・和央・晴歌の意外な一面にキュン!キャラクター映像解禁!!

★不器用でまっすぐ・糸真編



★俺様系モテ男子・弦編



★ゆるふわ系モテ男子・和央編



★小悪魔系キラキラ女子・晴歌編



今回解禁となった映像は、不器用でまっすぐな主人公・糸真を中心に、糸真が転校先の学校で出会う俺様系モテ男子・弦と、ゆるふわ系モテ男子・和央、そして、糸真の友達のキラキラ小悪魔系女子・晴歌の4人をフィーチャー。それぞれのキャラクターの新たな魅力が切り取られており、新たなシーンも満載。ジャニーズWEST「プリンシパルの君へ」、Little Glee Monster「ギュッと」、CHiCO with HoneyWorks「ツノルキモチ」が各キャラクターを引き立てます!

糸真編では、壁に当たると逃げてしまう自分を変えようと、周りの人とまっすぐに向き合おうとする、糸真のひたむきな姿が描かれています。また、弦編では、いつもはクールで上から目線なのに自分自身を「モテモテ」だと発言し、乙女心に対してかなり鈍感な弦の姿が。糸真には「黙ってればイケてるのに」と言われる始末。一方、和央編では、両親の結婚により同居することになった糸真と和央の胸キュンな朝の一コマから始まり、原作でも印象的な和央の靴下に関するシーンも。晴歌編では糸真に向かって「バーカ! バカ! バーカ!」と叫び廊下を走るシーンが印象的。性格はキツイけど誰よりも友達思いの晴歌の魅力が垣間見られる映像になっています。

恋に友情にうまくいかない事も多いけど、なぜだか応援したくなってしまう共感ポイントがたくさん詰まった本作。映画の公開前に是非本映像をご覧いただき、お気に入りのキャラクターを見つけてみてはいかがでしょうか!?

イベント情報

舞台挨拶&ライブビューイング 開催決定!

■舞台挨拶詳細■

※ライブビューイング詳細はこちら>>


【実施日】3月3日(土)

【実施劇場】新宿バルト9
【実施時間】8:00の回(上映後)/11:00の回(上映前)【Pコード:558-274】
【登壇者(予定)】黒島結菜、小瀧 望、高杉真宙、川栄李奈、谷村美月、市川知宏、篠原哲雄監督
【チケット料金】全席指定:2,000円

【実施劇場】ユナイテッド・シネマ豊洲
【実施時間】13:05の回(上映後)/16:05の回(上映前)【Pコード:558-275】
【登壇者(予定)】黒島結菜、小瀧 望、高杉真宙、篠原哲雄監督
【チケット料金】全席指定:2,000円、プレミアペアシート:6,400円(2名)


【実施日】3月4日(日)

【実施劇場】梅田ブルク7
【実施時間】11:00の回(上映後)/13:55の回(上映前)【Pコード:558-271】
【登壇者(予定)】黒島結菜、小瀧 望
【チケット料金】全席指定:2,000円、プレミアシート:2,500円、ペアシート:4,000円(2名)

【実施劇場】TOHOシネマズ梅田
【実施時間】13:40の回(上映後)【Pコード:558-272】
【登壇者(予定)】黒島結菜、小瀧 望
【チケット料金】全席指定:2,000円、プレミアボックスシート:3,000円

【実施劇場】TOHOシネマズなんば
【実施時間】15:30の回(上映後)【Pコード:558-273】
【登壇者(予定)】黒島結菜、小瀧 望
【チケット料金】全席指定:2,000円

※登壇者は、予告なく変更となる場合がございます


【チケット販売方法】 
<チケットぴあ>にて販売いたします。

★先行抽選販売「プレリザーブ」
受付URL⇒http://w.pia.jp/t/principal/
■申込受付期間:2月17日(土)11:00~2月23日(金)11:00
■抽選結果発表:2月23日(金)18:00
■引換開始日:2月23日(金)18:00
プレリザーブとは?

≪先行抽選販売に関する注意事項≫ 
※チケットのお申込は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※チケット当選後の変更・払戻は出来ません。予めご了承ください。
※プレリザーブとは、事前のお申し込みの後、チケットを購入できるサービスです。
※必ずしも優先的に良いお席をご用意するものではありません。
※お申込多数の場合は抽選にて当選者を決定します。(先着順ではありません)
※お申込は受付期間中ならいつでもOK。(メンテナンス時間をのぞく)

★一般販売
■販売期間:2月24日(土)10:00~

≪一般発売に関する注意事項≫
※お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、インターネットでお求めいただけます。
※ご利用可能な引取方法は、セブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあのお店での発券となります。
※お席はお選びいただけません。
※必ず、チケットぴあのお店、下記コンビニにてお引換の上、劇場までお越しください。劇場でのチケット引換は出来ません。
※チケットの販売は、お一人様2枚までとさせていただきます。

■インターネット購入
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/principal/

■直接購入
チケットぴあのお店 営業時間 10:00~20:00【営業時間は店舗によって異なります】
サークルK・サンクス 営業時間 朝5:30~深夜2:00【発売初日は10:00~】
セブン-イレブン 営業時間 0:00~24:00【発売初日は10:00~】

■電話予約
チケットぴあ音声自動応答 TEL:0570-02-9999 
※要Pコード・自動応答24時間受付
(毎週火・水 2:30〜5:30はシステムメンテナンスのため受付休止)

●チケット購入に関するお問合わせは、
TEL:0570-02-9111 または http://t.pia.jp/help/ までお願い致します。

≪その他の注意事項≫
※場内でのカメラ(携帯カメラ含む)・ビデオによる撮影、録音等は固くお断りいたします。
※転売目的でのご購入は、固くお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後のチケットの変更や払い戻しはできません。
※当日はマスコミによる取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。

イベント情報

舞台挨拶&ライブビューイング 開催決定!

■ライブビューイング詳細■

※舞台挨拶詳細はこちら>>


3月3日(土)に新宿バルト9で行われる、11:00の回上映前の舞台挨拶の模様を、以下の劇場で生中継致します。生中継付き上映回のチケットは、2月24日(土)0時(=2月23日(金)24時)以降に、各劇場にて順次発売予定です。

※通常料金での販売になります。各劇場の販売開始日および料金設定は、該当劇場公式ホームページ等でご確認ください。
※前売券、ムビチケカードもご利用いただけます。
※その他、チケット・料金に関する詳細は、該当劇場公式ホームページ等でご確認ください。


関東
都道府県 劇場名
東京 新宿バルト9
東京 TOHOシネマズ 新宿
東京 TOHOシネマズ 日本橋
東京 T・ジョイPRINCE品川
東京 TOHOシネマズ 渋谷
東京 池袋HUMAXシネマズ
東京 TOHOシネマズ 上野
東京 TOHOシネマズ 西新井
東京 MOVIX亀有
東京 TOHOシネマズ 錦糸町
東京 ユナイテッド・シネマ豊洲
東京 109シネマズ二子玉川
東京 TOHOシネマズ 府中
神奈川 横浜ブルク13
神奈川 TOHOシネマズ 上大岡
神奈川 川崎チネチッタ
神奈川 109シネマズ川崎
神奈川 イオンシネマ新百合ヶ丘
神奈川 TOHOシネマズ 海老名
神奈川 109シネマズ湘南
千葉 京成ローザ10
千葉 T・ジョイ蘇我
千葉 TOHOシネマズ ららぽーと船橋
千葉 TOHOシネマズ 八千代緑が丘
千葉 シネマイクスピアリ
千葉 TOHOシネマズ 流山おおたかの森
埼玉 MOVIXさいたま
埼玉 MOVIX川口
埼玉 イオンシネマ越谷レイクタウン
埼玉 ユナイテッド・シネマ入間
埼玉 ユナイテッド・シネマわかば
埼玉 TOHOシネマズ ららぽーと富士見
茨城 ユナイテッド・シネマ水戸
茨城 MOVIXつくば
茨城 TOHOシネマズ ひたちなか
栃木 MOVIX宇都宮
群馬 ユナイテッド・シネマ前橋
群馬 イオンシネマ高崎
群馬 MOVIX伊勢崎

北海道・東北・甲信越
都道府県 劇場名
北海道 札幌シネマフロンティア
北海道 ユナイテッド・シネマ札幌
北海道 イオンシネマ旭川駅前
北海道 イオンシネマ釧路
青森 青森コロナシネマワールド
青森 TOHOシネマズ おいらせ下田
岩手 フォーラム盛岡
宮城 TOHOシネマズ 仙台
宮城 MOVIX仙台
秋田 TOHOシネマズ 秋田
山形 山形ソラリス
福島 イオンシネマ福島
新潟 T・ジョイ新潟万代
新潟 T・ジョイ長岡
長野 長野グランドシネマズ
長野 松本シネマライツ8
山梨 TOHOシネマズ 甲府

東海・北陸
都道府県 劇場名
静岡 シネシティザート
静岡 TOHOシネマズ 浜松
静岡 TOHOシネマズ ららぽーと磐田
愛知 ミッドランドスクエア シネマ
愛知 イオンシネマワンダー
愛知 イオンシネマ大高
愛知 ユナイテッド・シネマ豊橋18
愛知 MOVIX三好
愛知 TOHOシネマズ 赤池
愛知 ミッドランドシネマ 名古屋空港
岐阜 イオンシネマ各務原
岐阜 TOHOシネマズ モレラ岐阜
三重 109シネマズ四日市
三重 イオンシネマ鈴鹿
富山 TOHOシネマズ 高岡
石川 イオンシネマ金沢フォーラス
福井 テアトルサンク

近畿
都道府県 劇場名
大阪 梅田ブルク7
大阪 TOHOシネマズ 梅田
大阪 TOHOシネマズ なんば
大阪 TOHOシネマズ 鳳
大阪 TOHOシネマズ くずはモール
大阪 イオンシネマ茨木
大阪 MOVIX八尾
京都 T・ジョイ京都
京都 MOVIX京都
京都 TOHOシネマズ 二条
兵庫 神戸国際松竹
兵庫 OSシネマズ 神戸ハーバーランド
兵庫 TOHOシネマズ 西宮OS
兵庫 イオンシネマ加古川
兵庫 アースシネマズ姫路
滋賀 イオンシネマ草津
奈良 TOHOシネマズ 橿原
和歌山 ジストシネマ和歌山

中国・四国
都道府県 劇場名
岡山 イオンシネマ岡山
岡山 TOHOシネマズ 岡南
広島 広島バルト11
広島 福山エーガル8シネマズ
鳥取 MOVIX日吉津
島根 T・ジョイ出雲
山口 MOVIX周南
徳島 イオンシネマ徳島
香川 イオンシネマ高松東
高知 TOHOシネマズ 高知

九州・沖縄
都道府県 劇場名
福岡 T・ジョイ博多
福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
福岡 T・ジョイリバーウォーク北九州
佐賀 109シネマズ佐賀
長崎 ユナイテッド・シネマ長崎
熊本 ユナイテッド・シネマ熊本
大分 T・ジョイパークプレイス大分
宮崎 セントラルシネマ宮崎
鹿児島 鹿児島ミッテ10
沖縄 シネマライカム
イベント情報

<!緊急開催決定!>
2月15日(木)開催!試写会付き≪全恋応援イベント≫に60組120名様をご招待!

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』の試写会付き≪全恋応援イベント≫の開催が決定致しました! このスペシャルなイベントに60組120名様をご招待致します!

下記の詳細をご確認の上、ふるってご応募ください。

日程:2月15日(木)
会場:都内某所
出演者:黒島結菜、小瀧 望、篠原哲雄監督(予定)
開始時間:夕刻

★応募フォーム
https://ssl.eiga.ne.jp/campaign/form/?t=principal-event

★応募締切
2月9日(金)正午まで

=注意事項=
※同日開催となる中野サンプラザ試写会へのキャスト・監督の登壇はございません。
※当選の発表は、招待状の発送をもってかえさせていただきます。
※転売目的でのご応募は固くお断りいたします。
※当選するのはペア招待チケット引換券です。
 引換券1枚につき2名様までチケットと引換可能ですので、1名様でもご参加頂けます。
※チケットは当日会場にて引換券と交換になります。引換開始時間は、追ってご案内いたします。引換時、座席のチケットは1列目から順番にお渡しするのではなく、ランダムにお渡し致します。お席はお選び頂けません。
※3歳以上チケット必要/3歳未満はお膝の上でお願い致します。
※再入場不可
※写真撮影、録音などは禁止させていただきます。
※会場内ではスタッフの指示に従ってください。
※参加者の皆様が映像や写真に映ることがございます。イベントの感想やインタビュー、写真撮影等にご協力いただく場合もございます。ご了承の上ご応募ください。
(同伴者の方も同様にご了承ください)

最新情報

映画『プリンシパル』×ポムポムプリン
コラボアニメ制作決定&映像解禁!!



この度、話題の映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』がサンリオの大人気キャラクターであるポムポムプリンとコラボすることが決定いたしました!!

本作とコラボが決定したサンリオキャラクターのポムポムプリンは、もはや大人から子供まで知らない人はいないほどの大人気キャラクター! 今回、タイトルの“プリン”つながりで夢のコラボが実現いたしました。“プリン”つながり以外にも、プリンはゴールデン・レトリバーの男のコ、劇中に登場する和央の飼犬であるスミレの犬種もゴールデン・レトリバーであることも共通しており、まさに意気投合!

また、YouTubeにて解禁されたコラボアニメーションは、眠っているプリンを上ってマフィンがくす玉を割ると中から劇中に登場するスミレが登場! 仲良くコラボレーションが決定したことをお祝いする内容になっており、ハッピーで可愛らしい映像に仕上がっています。さらに、プリンが劇中の弦と同じ制服を着ているところもポイントです!

今年は“戌年”だけに、スミレとポムポムプリンの活躍に目が離せません! 映像はこの他にも続々と制作予定。公式サイトでは特設ページ【スミレとポムポムプリンの部屋】もオープン! 是非コラボアニメをご覧いただき、映画の公開を楽しみにお待ちください♪

パブリシティ情報

<実写映画化記念>
「Cookie」3月号で番外編の掲載が決定!
糸真・弦・和央・晴歌のその後が明らかに・・・♡

映画の公開を記念し、1月26日(金)発売の「Cookie」3月号にて超特別描き下ろし! 「プリンシパル」番外編の掲載が決定いたしました!

「プリンシパル」は、集英社「Cookie」で2010年11月号~2013年9月号まで連載され、等身大の女子高生・糸真の恋と友情を描いた青春ラブストーリー。今回、実写映画の公開を記念し1月26日(金)発売の「Cookie」3月号にて、ファン待望の番外編の掲載が決定! 掲載される「Cookie」3月号の表紙もいくえみ綾先生が手掛けました。番外編では、糸真・弦・和央・晴歌それぞれの、その後のストーリーが描かれております。

さらに、同号には黒島さん・小瀧さんと、いくえみ先生の鼎談も掲載! 映画化が決まった際には「この若い高校生たちを一体どんな方が演じるんだろう」と楽しみにしていたいくえみ先生と、旬なキャスト陣がどんなトークを繰り広げるのか、今から目が離せません! 原作を知っている人も、そうでない人も、映画の公開前に是非チェックしてみてください。

イベントレポート

今が旬の若手俳優が劇中制服姿で<全♥恋>成就祈願!完成披露試写会イベント開催!

恋に、友情に揺れながらも「好き」な人から逃げずに勇気を出して「好き」と伝えるというテーマを描く、<全恋>応援ラブストーリがついに完成! 旬なキャストが勢揃いした話題作だけあって、映画をいち早く観ようと会場には多くの観客が集まりました! 会場いっぱいに舞い散るハートの花吹雪と共に、劇中の制服に身を包んだ黒島結菜さん、小瀧 望さん、高杉真宙さん、川栄李奈さん、そして篠原哲雄監督が登場すると、観客からは悲鳴にも似た歓声が飛び交いました!!

まずはじめに、不器用だけどまっすぐな女子高生・糸真を演じた黒島さんは「今日はたくさんの方にお越しいただき嬉しいです。よろしくお願いします」と挨拶。続いて、今回が映画初主演、俺様系モテ男子・弦を演じた小瀧さんは「俺様系モテ男子を演じた小瀧です! 今日は映画のことをたくさんの人に知ってもらえたらと思います」、一方、弦とは正反対のゆるフワ系モテ男子・和央を演じた高杉さんは「本日はありがとうございます。短い時間ですがよろしくお願いします」、糸真の親友でキラキラ小悪魔系女子・晴歌を演じた川栄さんは「とてもキュンキュンする映画なので、楽しんでください」とコメント。そして、本作のメガホンをとったのは、先日『花戦さ』で日本アカデミー賞を受賞した篠原監督。「アカデミー賞最優秀賞の発表の翌日がこの映画の公開日なんです! よろしくお願いします」とそれぞれ意気込みあふれるコメントを。

本作は、女子なら誰しも経験したことのある“あるある”エピソードが描かれていることも見どころのひとつ。そんな等身大の女子高生を演じた黒島さんは、役作りする上で不安もあったようで「最初は、東京でハブられた女の子ということでネガティブから入ったのですが、新しい環境で自分の居場所をみつける強さや、人と向き合う強さに気付きました。役と一緒に成長することができました」と語り、本作で見せる新たな一面に期待が高まりました! 小瀧さんは、原作でもトップの人気キャラクターを演じるにあたり、プレッシャーを感じていたと語ります。「弦のムキになる性格も、ムキになりすぎないように、たまに見せる優しさは優しく見えすぎないように、微妙なバランスに気をつけました」と、弦のキャラクターにはかなりこだわった様子。小瀧さんは現場でも、キャスト陣に落書きつきのスリッパをプレゼントし、ムードメーカーぶりを発揮! 黒島さんも「小瀧くんがみんなを引っ張ってくれた」とお兄さん的な一面を明かしました。また、原作の和央の再現度が高いと話題の高杉さんは「和央の芯の強さや、男らしい一面が表現できたら」と語り、川栄さんは「恋愛だけではなく、糸真と晴歌の友情にも注目して欲しいです」と見どころを熱くコメントしました。そして篠原監督は、「みんな若いのに芝居がうまい。撮影を続けていくうちにだんだん頼もしくなってくるんですよ。是非そんなキャストの演技を楽しんでください」と若手キャスト陣の演技を絶賛!

実は、撮影前は全員人見知りだと語るキャスト陣ですが、北海道での撮影を通じて、とても仲良しに! 小瀧さんは「お昼ご飯を食べるときに、机の距離を近くしたり、トランプをしたり・・・。自然とみんなが仲良くなれるようにしました」と、ここでも小瀧さんのムードメーカーエピソードが! 高杉さんも「小瀧くんに守られている感があった」とみつめ合う小瀧さんと高杉さんに会場もほっこり。一方、黒島さんと川栄さんは以前から大の仲良しだったようで、黒島さんは「りっちゃん(川栄)がいてくれたから心強かった」と本音を明かし、川栄さんも「2人のシーンをうまくできるか不安もありましたが、友情がこみあげる感じをナチュラルに表現できました」とプライベートでの仲の良さが見事演技に反映できたことを明かしました。

本イベントは全恋神社と冠してステージに大きなピンクの鳥居が登場。鳥居を前に、キャスト陣が恋愛応援メッセージを書いた絵馬を発表しました! それぞれのメッセージに込めた思いを語り大盛り上がり!

黒島さんのメッセージは“みんながヒロインになれますように”。「この作品のメッセージと同じように、みんなが主役という気持ちで恋愛も頑張ってほしい」とコメント。高杉さんは“みんながヒーロー、ヒロイン。勇気をもってゆっくり前に進もう。応援しています”とマイペースな高杉の人柄が溢れるメッセージを。一方、川栄さんは“大丈夫”というポジティブなメッセージを絵馬に込めました。「恋愛に悩んだときに安心する言葉はこれですよね!」とコメント。最後に小瀧さんは「なんかおもしれぇじゃん」という弦の名ゼリフを挙げ「恋して新しい自分に出会うっておもしれぇじゃんと思いました」と持論トークを繰り広げ、会場を笑いに誘いました。

ここで、大田区にある雪ヶ谷八幡神社からお越しいただいた神主さんが登場! キャスト・監督の恋愛応援メッセージへ込めた思い、会場の皆さんの全恋成就、そして映画の大ヒットをお祈りいただきました! そして大盛り上がりのイベントもいよいよ終盤となり、最後にW主演を務めた黒島さんと小瀧さんよりメッセージをいただきました。

★黒島さんのメッセージ
短い時間でしたが、ありがとうございました。この映画が皆さんの勇気につながれば良いなと思います。

★小瀧さんのメッセージ
青春がたくさん詰まった、素敵な映画になりました。このキャストがキュンキュンしたり、幅広い表情を見せているのでそこを是非楽しんでください。本日はありがとうございました!

最新情報

『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』話題の“弦スペシャルCM”が解禁!



年末・年始に特定のTV番組のみでオンエアされた『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』話題の“弦スペシャルCM”がご覧いただけるようになりました!

本作で映画初主演を務める小瀧 望さんが「この映画を観て、あなたもヒロインになってください。」とコメントし、CMがスタート!舘林弦にフォーカスした印象的なセリフとシーンが繰り広げられます。ラストは「今年はお前で我慢してやる。」と上から目線で弦らしくしめくくるCMとなっております。

見逃していた方、何度でもご覧になりたい方、この機会に是非ご覧ください!

最新情報

胸キュンシーン誕生秘話を明かす!
現場レポート&メイキング画像到着!!

本日、冬パートを2017年2月~3月、そして夏パートを同6月に全編北海道で撮影された本作の現場レポートと、メイキング画像が到着いたしました!!

★緊張しながらのクランクイン! キャストが語る篠原監督の演出

クランクインは、雪の降る2月の北海道・札幌。とある私立高校にて、糸真が転校してくる「札幌市立札恵高校」のシーンから始まりました。2年4組のクラスメイトが勢揃いし、まるで実際のホームルームのようににぎやかですが、大きな学校でのロケとあって、スタッフたちが待機する廊下はやはり寒い! 最初のシーンは、転校生としてクラスメイトに紹介された糸真が弦と初めて出会う場面。弦に「そこは和央の席だ!」とすごまれた糸真が「私はもうどこにも行けないの!」と叫ぶように返した言葉は、この映画のテーマにもなっています。

現場ではまず自分が演じて表現してくれる。そして遠くまで聞こえる大きな声と笑顔が、篠原監督の特長。3年前に篠原監督のワークショップで演技指導をしてもらった経験があるという黒島さんも、「監督自ら糸真役を演じてみせてくれたのには驚きました。現場ではこういう方なんだなって。監督の『本番!』っていう大きな声も好きです。『よしっ!』って気持ちが引き締まります」と嬉しそうに初日の思いを話す。少しでも早く役をつかもうと、篠原監督に演出指示を仰いでいたのは小瀧さん。原作の弦に近づくため、体型を絞って撮影に臨みましたが、話を聞くと、「弦に近づこうとしているけど、ちゃんと近づけてるのか自分ではわからなくて。篠原監督にいろいろ聞いたんですが、できるようになるまで時間をかけてくださる監督なんだなって思いましたし、この映画への熱い思いも感じました!」と、緊張しながらも篠原監督を信じている様子。初主演ということに対しては気負っている感じはなく、「黒島さんと一緒なのもありますし、肩ひじ張らずにやらせていただいてます。スタッフさん、キャストの皆さん分け隔てなく話して現場の空気を作れたら」と語りました。

続いて和央役の高杉さんもクランクイン。糸真が声をかけてきた和央に「はじめまして!」と大声で被せ気味に挨拶をするのだが、それには大きな理由がある……というシーン。高杉さんの1stシーンもスムーズに終わりましたが、篠原監督の指示が書き込まれた助監督の台本を覗き込む。何か不安なのかと尋ねてみたら、「弦と幼なじみっていう関係性をこの場で作らないといけないのが難しくて。でも最初に会った時と比べてどんどん望との距離は近くなっています」と笑顔で答えてくれました。川栄さんは「現場に来てからわかること、篠原監督と話すことで生まれる新しい発見があるんです。いろいろと話せる監督なので楽しいです」と、現場の雰囲気、監督やキャストとのコミュニケーションで役を作っていく楽しさを感じているよう。

・・・・・・・・・・・・・・

★北海道が恋しかった3か月間。いよいよラストスパートへ

3月の冬パートの撮影を終え、約3ヶ月経った6月半ば。札幌市郊外にある定山渓温泉のキャンプ場に、再び篠原組が集結しました。黒島さん、小瀧さん、高杉さん、川栄さんに加え、舘林弓役の谷村美月さん、金沢雄大役の市川知宏さんも加わり、メインキャラクターたちが集合しての、夏キャンプのシーン。3ヶ月開き、積み上げた関係性がまたゼロに戻ってしまうことを心配していたキャストたちですが、「望に、『そうっすよね』っていう変な敬語を使っちゃいました(笑)」と再び人見知りを発揮してしまったことに高杉さんは苦笑い。一方の小瀧さんは、「早く撮影に行きたい、早く北海道に“帰りたい”と思っていました」と、この3ヶ月北海道が恋しくて仕方がなかった様子。そんな小瀧さんのムードメーカー的な明るさも手伝って、現場の空気は再び打ち解けていきました。

・・・・・・・・・・・・・・

★キャストとスタッフが一丸となった名シーン完成の瞬間

山の天気は崩れやすく、途中から雨模様に。全員での日中のキャンプシーンは翌日に持ち越されることとなりました。ただし夜の撮影は予定通り決行。糸真がみんなのいる場所からはぐれてしまい、弦と和央が必死に探し回るというシーン。足をくじいて動けなくなってしまった糸真を見つけ出すのは、弦と和央のどちらなのか。きっと誰もが胸キュンになる、名シーン完成の瞬間となりました。撮影は深夜まで続きましたが、初夏にも関わらず体が震えるほどの気温の中、キャストとスタッフは一丸となって最高のカットのために粘り続けていました。

・・・・・・・・・・・・・・

★笑顔でクランクアップ!またこのメンバーで札幌に

そして撮影最終日、弦の自宅がある設定の住宅街の坂道で糸真、弦、和央の登校シーンを撮影。天気は快晴、絶好のクランクアップ日和だ。ケンカをしながらの登校シーンを、最後のカットまで全力で演じる黒島さん、小瀧さん、高杉さんの3人。「OK!」という篠原監督の大きな声が響き、全撮影が終了!「終わった感じがしない!また3ヶ月後にはこのメンバーで札幌に集合しそう」と別れを惜しむ小瀧さん、「むしろこの役を忘れちゃいけないって思います」とまだ役に浸っていたいと語る高杉さん。対照的に、「最高のロケーションで、気持ちよく演技ができました!」と清々しい笑顔を見せたヒロインの黒島さん。記念の集合写真を撮り、3人は満面の笑みで「お疲れさまでした!」と札幌を後にしました。

・・・・・・・・・・・・・・

「好き」と言えないヒロイン未満の女子の背中を押してくれる<全♡恋>応援ラブストーリー『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』は 3月3日公開です!